ストレッチをする時の注意点

ストレッチをするときに2つ注意しなければならないことがあります。
これを無視してストレッチを行うとウォーミングアップの効果が
期待できないばかりか、体そのものを痛めてしまう可能性があるので気をつけてください

@反動をつけない

よく勢いよく反動をつけてストレッチをしている人をみかけますがこれはNG!
なぜいけないかというと反動をつけてしまうと、体の防衛機能によって筋肉が
収縮してしまうからです

そもそもストレッチはあくまでも準備運動ですので、体をリラックスさせた状態で行わなければ
いけません。だから反動はつけないようにしてください

A息を吐きながら行う

ついつい息をとめてしまってストレッチを行っていませんか?
おもいだしてください。リラックスさせた状態でやるのが大事なんです★

息を止めずに吐きながら、伸ばしている部分を意識して行ってください。
決して無理をせず、痛みを感じる一歩手前ぐらいでとめるのがポイントです。

基本的には20秒ぐらい静止するのがいいですが、まあだいたいでOK(笑)
気づいた方もいるとおもいます。
そうですもうこの時点で有酸素運動ははじまってるんです♪

スポンサードリンク


dietgazou2.gif 無料でリバウンドしない方法を知りたくないですか?
体脂肪を効率よく燃焼させてダイエットに成功したら、
今度はリバウンドしないように体型を維持するのが重要です^^
「二度とダイエットをしなくて良い方法」

無題.bmp いま日本で最も注目を浴びているダイエット方法
ビリーズ・ブートキャンプをご存知ですか?

ボクシングの要素も取り入れている超人気の
ダイエット方法。それがビリーズ・ブートキャンプです^^
「ビリーズ・ブートキャンプ」

2005年12月02日 21:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このリストは、次のエントリーを参照しています: ストレッチをする時の注意点:

コメント